復讐の未亡人 6巻のネタバレ、あらすじと感想

女性
スポンサーリンク
スポンサーリンク

復讐の未亡人 6巻のネタバレ、あらすじと感想を紹介します。

真言にほのかな想いを寄せていた山下。

しかし彼には鈴木密という女性がいる事を知り、真言の身辺を調べ出していきます。

追跡アプリを彼のスマホに仕込み、カツラを付けて変装し、彼が住むタワーマンションへと侵入しますが、思いもかけない事に・・。

 

「復讐の未亡人」 6巻には26話から29話が収録されています。

 

復讐の未亡人 6巻のネタバレ、あらすじ

第26話 天女の羽衣

山下は長谷川に無理難題を押しつけられ、断る事が出来ず、彼の言われるがままに仕事をしていました。

しかし無理がたたり、仕事もどこか疎かになりつつありました。

そんな彼女の苦労も知らず、じわじわと圧力を掛けてくる長谷川。

勝手に納期を一週間に縮めようとするなか、同僚の関根が納期を早めるのは不可能だと進言してきます。

早くできた分はテスターによる入念なチェックが必要だと、長谷川の無理難題に取り合わない関根。

 

関根は言います。もう密さんは居ないのだから・・。

聴き慣れない名前に唖然としていた山下。

以前、ここで働いていた凄腕の派遣SEで、とても仕事が出来るスペシャリストの女性だったと、彼女と働いていた同僚はもてはやします。

そんな彼女を射止めようと、色々な男が彼女に手を出したこと、まるで天女の羽衣を取り合うようだったと関根は当時の様子を語ります。

天女に例えられる程に有能だったという、密のことを知り、自分とは違う女性であることを思い知らされてしまう山下。

人と話す事も億劫で、人に嫌われない様にするのが精一杯の自分とはまるで違う、密という女性に劣等感を感じてしまいます。

 

そんな中、関根は真言に密と連絡を取り合っているのかと訊ねてきます。

真言は興味無さそうにしれっと言葉を返しますが、最近、恋人が出来たのかと見破られてしまいます。

シャツが整い、身なりもしっかりとしていると、目ざとい関根の審美眼に見破られ、揶揄われてしまう真言。

 

しかし山下は、彼に恋人がいると知り、動揺を隠せませんでした。

どんな人なんだろうと、真言の事をもっと知りたいと願う山下。

彼の身辺を調べ出してしまいます。

 

第27話 ただ・・・知りたいだけ

真言が山下に狙われていた一方、凛の義父は萌愛の母親に囲われ、日々をアルコールで逃避していました・・。

俊の亡霊に狙われていると、引きこもり生活をしている凛の義父。

萌愛の母は、そんな男に嫌気などはなく、むしろ私がもっとしっかりしなければと、彼に対する依存を深めていました。

そんな母親から解放されていた萌愛は凛と共にプールへと訪れていました。

 

そこで知り合った一人の少女・美花。

不思議な雰囲気を持ち、誰かに似ていると、身近な人の特別な気配を感じるその少女に、凛は奇妙な既視感を覚えます。

しかし彼女の母親は酷い性格をしており、彼女を蹴り倒すなどの行為を平然とします。

クソガキと凛たちを罵倒し、無理矢理に美花を連れていく母親。

凛はそんな彼女の母親に敵意を向けます。

 

凛達の間に一悶着あった頃、会社で一仕事を終えた真言は自宅へと向かっていました。

しかし彼の持つ鞄には山下のスマホが密かに入れておかれ、追跡アプリで彼の住まいがタワーマンションである事を知られます。

ワンルームでも5000万円もする高級マンションに住んでいるなんて・・、彼女は密と呼ばれた女性の事を思い浮かべます。

 

嫉妬心が疼くなか、長谷川に呼ばれ、身体を求められてしまう山下。

支配欲の強い男に抱かれる嫌悪感に堪えながら、真言の事を思い浮かべ、不快な逢瀬を耐える彼女は、真言の身辺を探る決意をします。

 

スポンサーリンク

第28話 怪しい女とプチ探偵

変装し、密の住むタワーマンションへと侵入した山下は、彼女の後をつけて、真言と同棲しているのかを調べようとします。

しかし密は、そんな彼女の行動を見透かしており、エレベーターに乗り込んだ山下は、何階に行くかと訊ねられてます。

 

山下は変装していても顔を覚えられたら危ないと思い、慌てて顔を隠しながら、45階の最上階を指名してしまいます。

しかし和代がそれを聴いて騒ぎ出します。

元々このマンションの最上階に住む予定だった和代。

土地の権利書を手渡す際のトラブルで最上階は別の人に売られてしまい、それで10年も揉めたと苦労話を自慢げに話し、山下を圧迫させます。

 

訊ねてもいないのに勝手に話し出す和代に嫌気がさし、密達はこのまま最上階のカフェテリアへと行こうと凛と和代を誘います。

山下もカフェテリアへと向かうも、そこでも和代の質問攻めを受け、思う様に密を監視できません。

次第に返答に詰まり、追い詰められてしまう山下。

 

しかし丁度タイミングよく長谷川から電話が鳴り、慌てて仕事だとその場を去る事に成功します。

和代は怪しいと女だと警戒し、私の身辺を探る為に雇われた探偵かと勘繰ります。

 

凛は探偵じゃないと言い、仕込んでいたGPS発信機で山下の動きをスマホで確認して、階段を降りているのを知ります。

一方、山下に追跡されているとは知らない真言は、自分の鞄の中に見覚えの無いスマホが入っている事を知り、確認したところ、山下のスマホであることを知ります。

真言は電話をかけると、慌てて電話に出る山下。

山下は真言と話すチャンスと思い、今から会えますかと喜ぶのですが、それを凛に追跡されている事を知りません・・。

 

第29話 似てるんだ

凛は真言と密を追跡していた女性の密会を目撃してしまいます。

この二人の関係は一体なんだろうと、スマホで盗聴を続ける凛。

しかし二人の会話は大したものではなく、ぎこちなく、そして会話のネタも乏しいものでした。

 

山下はなんとか話題を振ろうとするも、すぐに会話が途切れてしまい、真言は帰ろうとします。

そんな中、つい慌ててしまい長谷川と付き合っていることを言い出します。

山下は、ドジってしまったと失言した事を後悔しながら、とりあえずはここだけのお話にしてもらえたらと言い、真言と別れます。

 

せっかく会話が出来るチャンスだったのにと失意の中で自宅へ戻ると、そこには長谷川がいたのでした。

彼を簡単にあしらいながら、自室へと戻り、そのまま眠り込んでしまう山下。

 

凛は自宅を特定し、一緒に居た男性は営業部の長谷川だと二人の関係を知ります・・。

しかし凛はこれ以上の事はする気が起きず、とりあえず密には心配をかけまいとして、追跡は途中で見失ったと告げます。

 

真言も自宅へと戻り、スマホを返してきたと言います。

しかしあからさまに男物のバックに自分のスマホを入れるのはと、可笑しくて笑ってしまう密。

密はゆっくり彼女と話をすればよかったと言い、真言は話す事は無いからと、自分の子どもがいる密の腹部を撫で、二人の時間を過ごしていきます。

凛はそんな二人を気恥しそうに見つめていました。

 

スポンサーリンク

復讐の未亡人 6巻の感想

山下という何とも問題のありそうな人物が登場しました。

あえて評価をするならば、すっごくヤバそうな女性です。

 

自分に自信が無いと周囲の事を気にしてしまい、結果的にストレスをため込んで、最後に爆発させてしまう時限爆弾を抱えたような危なさ・・。

例えるならヤンデレでしょうか?

この山下は今後もヤバそうな事を起こしそうな人物のような気がします。

 

さて、それよりもヤバそうなのは萌愛のママさん。

凛の義父さんをアルコール漬けにしてしまい、会話の内容を聞けば、前の夫もそれで死なせている雰囲気のようで、非常によろしくないママさんのようです。

 

そして新しい登場人物の美花さん。この子は一体何者なのでしょうか?

何か特殊な雰囲気がしますが、今後の展開に大きく関わってきそうな感じがします。

謎のお母さんとおばあちゃんの三人家族。美花さんのお母さんは何やら危なそうな毒親みたですね。

 

まあ、気になる登場人物達もさることながら、当面は山下が大きな問題になりそうです。

変装して密の身辺を調べてしまうとは?行動力があるみたいですが、思慮が浅く主導的に行動してしまうタイプのようです。

和代のおばあちゃんに絡まれてしまう山下は余りにも不憫です。

同情してしまう程に振り回されてしまう山下ですが、彼女も今後どう、密と関わっていくのかと注目ですね。

 

復讐の未亡人 6巻は無料試し読みすることができます。
ebookjapanで無料試し読みができるのでぜひ読んでみてください。

復讐の未亡人 6巻の試し読みはこちら>> 

 

【関連記事】
復讐の未亡人 7巻のネタバレ、あらすじと感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク
女性
にほんブログ村 
にほんブログ村 
やまねこの漫画ブログ
タイトルとURLをコピーしました