【カノジョは今日もかたづかない】1巻のネタバレ・あらすじと感想!

一般

【カノジョは今日もかたづかない】1巻のネタバレ・あらすじと感想を紹介します。

この漫画は、かたづけが苦手なアラサーOLの物語です。
身近な感じの等身大の主人公に共感し、応援したくなります。

日常的なストーリーのなかに整理整頓や仕事のコツなども含まれています。

そんな楽しみな【カノジョは今日もかたづかない】1巻の魅力をお伝えします。

【カノジョは今日もかたづかない】1巻のネタバレ・あらすじ

1話のネタバレ・あらすじ

 

主人公の俵あいな、29才。

競争率の高い会社に入れて、大変でもやりがいのある仕事を任されています。
付き合って半年のイケメンの彼氏もいて、私生活も充実している、と自分では思っています。

会社の同じ職場には深川という後輩の男性がいます。
あいなは、深川のことを嫌味な感じ悪い人という印象を持っています。

深川の机の上はきちんとかたづけられ、定時になるときっちり帰ります。
あいなは、いつも仕事で忙しくバタバタしており、自宅に帰るのは夜遅くになりがちです。

 

彼氏の修は、あいなの様子を知り心配してくれますが、あいなはもう少しで仕事の区切りがつくので、クリスマスには家に来てねと伝えます。

あいなの自宅マンションは、半年前に無理して借りた1LDK。
きれいな部屋でクリスマスには自宅に修を呼ぼうとしますが…、部屋は相変わらずかたづきません。

 

そんなある日の夜、ベランダから外を眺めていると斜め下の階の部屋の明かりがついています。
窓際に観葉植物が置かれ、きれいな部屋が見えます。

あいなは自分もあんな感じにできたらいいなーと憧れるのでした。

 

 

雨の降るクリスマスの夜、あいなは彼氏の修より少しだけ家に寄りたいと電話を受けます。
あいなは、部屋が散らかっていることもあり断ってしまいます。

あいなは、そんな自分が悲しくて自宅に帰りたくないとマンションの玄関前で泣いています。

すると、そこで同僚の深川に出会います。
なんと深川も同じマンションに住んでいたのです。

 

深川は寒いのではやく部屋に帰ればよいと言いますが、あいなは鍵をなくしたとうそをいいます。

深川は、冷たく対応すると思いきや意外にも外は寒いので自分の部屋に来るようにと勧めます。

あいなは、クリスマスの夜に嫌な深川の部屋に行くことになってしまい、うそをついたことを後悔します。

 

部屋に入ると、そこは以前ベランダから見えたきれいで素敵と思った部屋でした。

深川は、あいなにタオルと毛布を渡します。
そして早く鍵を見つけて帰ってくださいと伝えます。

仕事が終わらなかったと泣くあいなに深川は、だから要領が悪いと言います。

あいなは、自分は深川より一生懸命夜遅くまで仕事をしているのに…、なんでそんなにイヤミを言うのかと強く言い返します。

深川は、自分は2時間くらい早く会社に来て仕事をしているので勤務時間はそれほど変わらないと反論します。

深川はイヤミを言っているのではなく、要領よく仕事をやって休む時は休むようにと誰かが言ってあげた方が良いのかとやさしさのつもりだった、分かりにくかったらすみませんと続けます。

あいなは思いどおりにいかなかったクリスマスですが、深川から差し出された温かい甘い飲み物(エッグノック)を飲み、おいしいと満足するのでした。

 

 

2話のネタバレ・あらすじ

 

落ち着いたころあいを見て、深川は見たい映画があるのでとあいなを帰らせようとします。

あいなは仕方なく自分の部屋に戻ると、そこはもとの汚部屋のままです。

 

クリスマス翌日からは仕事は休みです。
散らかった部屋を年末までにはきれいにすると整理整頓の本や掃除用品を買い込みます。
しかし、部屋をきれいにしようとしてもうまくいきません。

あいなは、床に掃除機をかけようとしてソファをベランダに運ぼうとしますが、ベランダでソファを持ったままバランスを崩して地面に落ちそうになります。

運よく深川が外から物音がして気がつき、あいなに向かって、手を放してソファを地面に落とすように言います。

あいなは危うくベランダから転落するところを助かります。

 

あいなは地面に落ちたソファを深川と一緒に部屋に運びますが、深川には部屋の中を見られてしまいます。

深川は片付かない部屋を見て、あいなにアドバイスを伝えます。

内容は、部屋の中に気に入った場所を作り、必ずいつもきれいにすると自然にまわりの場所も目について片付けていくのでなんとなく部屋全体がキレイな状態を保てる、とのことです。

あいなは深川が誉めてくれたイスの周りをキレイにしようと心に思います。

 

3話のネタバレ・あらすじ

 

 

正月元旦、あいなは彼氏の修から初詣のデートに誘われ、浅草寺に出かけます。

久しぶりに修に会えて、あいなは大喜びです。とても混雑していますが、修と一緒に長い列にならんでお参りを済ませます。

修は、昨年よりもあいなにたくさん会えるようにとお願いしました。
あいなも聞かれて私も同じと答えますが…。

実はあいなは、お気に入りの椅子の場所だけでもキレイにしておける1年になりますようにとお願いしました。

一方、深川は地元の小さな神社に一人で初詣です。

あいなは自宅に戻る途中、マンションの2階に寄り、深川にお土産を渡します。
しかし、間違って友人のえつこに頼まれていた良縁のお守りを渡してしまいます。

 

 

4話のネタバレ・あらすじ

 

あいなは、えつことショッピング。

えつこから頼んでいた縁結びのお守りをがないことを責められます。

二人で喫茶店で話をしているとき、あいなはえつこから、元々いじられキャラのくせにキッチリしようと無理しすぎているなど言われます。

更にえつこは、抜けているところも面白くて好き、彼氏にもかっこ悪いところを見せていいんだよ、などと続きます。

 

あいなは自宅に帰り、えつこの言葉を思い出します。
年末年始に深川にはたくさんかっこ悪いところを見せてしまったけれども…、やっぱり外ではきちんとしたいと思いました。

 

正月明けの仕事始めの日、あいなは素敵な服を着て気を取り直して初仕事に出かけます。
すると上司の町田よりあいなと深川でペアを組んでの仕事の依頼があり、引き受けます。

期間限定でショップに売り出される商品10点のデザインの企画です。
年明け初日の朝から面倒な仕事を押しつけられても愛想よく引き受けてしまうあいなです。

深川は家にいる時のように機嫌悪くしてくださいとあいなに言い、あいなはドキッとしてしまいます。

 

 

5話のネタバレ・あらすじ

 

依頼主との打合せは、先方の自社マスコットキャラを使ったグッズデザインでした。

打合せといっても先方の担当者はヘラヘラした感じで依頼の中身は丸投げ、納期は今週中とさんざんな内容を受けて事務所に持ち帰ります。

 

事務所に戻り、あいなは集中して取り組むと10点のラフなデザインの仕事が思った以上に早く片付きます。

そんな様子を見て、上司の町田は次の仕事をあいなに振ろうとします。

深川は仕事が上手くいかず、これから資料探しにあいなと外出しなければならないと言い、二人で出かけます。

あいながどこへ出かけるのと聞くと深川は、どこへも行かない、あなたは1日十分働きましたと言います。そして明日の午前中の段取りと今週は絶対に他の仕事は受けないようにとあいなに指示を出します。

そのおかげであいなは久しぶりに早く仕事を終えることができました。
修に会えるかなと思いメールしますが、あいにく修は同期との飲み会でした。

あいなは自宅でゆっくりと時間を過ごし、今日の仕事のように効率よくやれば部屋も片付き、修を呼ぶことができると思いました。

 

修は同期との飲み会で、えつこは修にあいなとの関係は上手くいっているのかと聞きます。
修は、別に普通だよと答えます。

修は店のトイレに行く途中、大山に会います。大山は服がびしょびしょなので修が尋ねると服にしょうゆをこぼしてトイレで洗ったとのこと。修は大山にハンカチを貸してあげます。

飲み会が進むうちに、えつこは酔っぱらってしまい、大山と修でえつこを大山の家に連れていきます。

修は大山の家に上がり、大山に彼氏が急に部屋に入りたいと言ってきたらヘ部屋に入れてあげるかと聞きます。すると大山は私だったら入れると答えます。

 

 

6話のネタバレ・あらすじ

 

あいなは深川との共同の企画の仕事も終わり、ほっとしていると海外出張中の修から電話があり、1月31日に会うことになります。

当日、あいなは今日は仕事を入れないと心に決めます。

しかし、先日提出した企画デザインの客先よりイラストに不備があり、今日中に直す必要があるとの電話が入ります。

なんとか対応して間に合わせなければと頑張りますが、時計を見ると既に夜の7時15分。

あいなは、修には3時間くらい遅れるとメールを打ち、結局お店はキャンセルすることになりました。

 

そこへ深川が外の勤務から会社に戻ります。

深川は、あいながまだ会社にいることに驚き、今日があいなの30歳の誕生日、大切な日であることを知り、自分が代わりにやるのでと言って、あいなを帰らせます。

あいなは予約の時間にまであと10分、今なら間に合うかもしれないと思い、待ち合わせのレストランに急ぎます。修には電話を入れますが、つながりません。

レストランの前で、あいなが見たものは、店の中で修が大山と二人で談笑しています。

思わず驚く、あいな…。

一方、会社に残り仕事中の深川の携帯が鳴ります。
深川の口からは、あやか?との言葉が…

 

 

カノジョは今日もかたづかない  1巻は、試し読みすることができます。
ebookjapan で試し読みすることができるのでぜひ読んでみてください。

クリック

カノジョは今日もかたづかない  1巻の試し読みはこちら▼

 

【カノジョは今日もかたづかない】1巻の感想

あいなは美人で仕事もできて、ちょっと抜けているところがとてもチャーミングですね。
かたづけについては本当に苦手なようです。

少し完璧主義のところがあるのでしょうか。
部屋が散らかっているからという理由で彼氏の修が家に寄りたがっているの断ってしまいます。

彼氏に対して自分はきちんとした女性であることをアピールしたい気持ちは分かるのですが…。

彼氏の立場からするともっと親しくなろうと思っても頑なまでに自宅に寄らせてもらえないのは何かあるのかな?と猜疑心をいだかせないかと心配です。

 

友人のえつこが、あいなはキッチリしようと無理しすぎている、抜けているところ面白くてすき、と言ってくれるのですが…。

えつこのアドバイスに従って、見栄をはらずに素直に自分を見せたらよいのかも知れません…。

他人のことは良く分かるのに自分のこととなると…、分かっているようで分からないこともありがちですね。

 

そうしたところは、あいなの仕事にも影響しているようにも感じました。

忙しくても頼まれるとつい断れずにイエスと言ってしまい夜遅くまで仕事がかかってしまうことも多いようです。

 

一方、あいなの同僚の深川ですが、最初はイヤミな印象でしたが、ストーリーが進むにつれ、段々と良く思えてきました。

少し不器用で言葉足らずのため、誤解されやすい面もありますが、精神的に大人で周りに振り回されずに強い自分を持っていること、以外にも気配りができて優しい面もあることなどが理由です。

深川があいなに何気なく伝えている部屋の整理整頓のポイント、仕事の引き受け方やさばき方などは要領を得ています。

あいなも実際にはまだ行動出来てはいませんが、だんだんと深川の考え方があいなの心のなかに染み込んでいっているように感じました。

 

また、ストーリーとは異なりますが、あいなの会社などの姿は美人に描かれていますが、驚いたり困ったりして「心の声」を漏らしているところの絵は通常のものとは異なり、とてもユーモラスに描かれていて思わずニヤリと笑ってしまいました。

 

 

さて、1巻のラストシーンには驚きました。

あいなは、修が知らない女性(大山)とレストランで談笑している姿をあいなは見てしまいます。

一方、会社で残ってあいなの仕事を引き受けた深川には電話がかかってきて「あやか?」

さて、この後の展開はどうなるのでしょうか?気になりますね。

 

 

カノジョは今日もかたづかない  1巻は、、試し読みすることができます。
ebookjapan で試し読みすることができるのでぜひ読んでみてください。

 

クリック

カノジョは今日もかたづかない  1巻の試し読みはこちら▼

タイトルとURLをコピーしました