裏世界ピクニック 9巻のネタバレ、あらすじと感想!無料試し読み

少年
※このブログでは、プロモーション広告を利用しています。
※このブログでは、プロモーション広告を利用しています。

裏世界ピクニック 9巻のネタバレ、あらすじと感想を紹介します。

空魚と鳥子の前に現れた閏間冴月により追い詰められ、逃れることの出来ない二人。

コトリバコの呪いを受けてしまい、身動きのとれない鳥子だけでも助けたいと願う空魚の決死の想い。

はたしてこの窮地を脱することが出来るのか・・。

そしてコトリバコの罠を仕掛けた冴月の思惑とは?

 

「裏世界ピクニック」9巻には第47話から間章が収録されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

裏世界ピクニック 9巻のネタバレ、あらすじ

第47話 箱の中の小鳥Ⅵ

コトリバコの呪いによって意識を失い昏倒してしまう鳥子を救う為、目の前に現れた冴月に立ち向かう決意を決めた空魚。

何らかの問題が発生するとしても、今は彼女を助けなければと、鳥子の身体の中に渦巻く呪いを見やる空魚。

 

鳥子の身体の中に渦巻く赤い小鳥の蠢(うごめ)きは収まる事はなく、手段を模索する中でも鳥子は苦しみ悶えています。

空魚は意識を失いかけている鳥子を必死に呼びかけ、起こそうとするも、もし今、目を開けたら冴月に取り込まれてしまうと、倒れる鳥子の上に覆い被さります。

錯乱し、痛みが引いたと笑顔を向ける鳥子と、追い詰められていく空魚・・。

果たしてこの窮地から抜け出せるのでしょうか?

 

第48話 ヤマノケハイⅠ

冴月から無事に逃れ、コトリバコの呪いも解け、検査結果も問題はないと安心した鳥子と空魚。

小桜は二人を食事を取りにと中華料理屋に・・。

DS研究奨励会での騒動から二日が過ぎ、食欲などに問題のない鳥子を見ながら、空魚は不安を隠しきれませんでした。

 

コトリバコの罠を仕掛けたであろう冴月の思惑。

彼女は今、裏世界の最深部へと到着し、向こう側にいる存在と繋がっている可能性があり、鳥子を誘い込もうとしているのだと空魚は考えます。

 

もし鳥子が冴月は裏世界の最深部にいると知れば、追いかけるのは必定であり、それを止める事は出来ません。

冴月は何を考えているのかと、空魚は拭えぬ恐怖に不安を抱きます。

 

スポンサーリンク

第49話 ヤマノケハイⅡ

裏世界にてAP-1で新しいルート開拓に向かっていた鳥子と空魚は、その道中で森の中に展望台を見つけました。

銃器を構えて内部を調査する二人は屋上へと向かうと、そこには宇宙服が置いてありました。

 

最初は誰かがいると警戒しながら宇宙服に近づくも、まるで反応はなく、ヘルメットを開けてみれば、誰もいない抜け殻でした。

宇宙服の表面に記された文字は化けており読むことは出来ず、もしかして防護服かもしれないと考える鳥子。

 

周辺を調べてみるも、見慣れない人物の写真に、さびれた望遠鏡と・・、閑散としていました。

しかし景色は綺麗だと、森を見渡せる風景を眺めながら、鳥子はここでお弁当を食べようと空魚に勧めます。

宇宙服のことが気になるも、ここでランチタイムに入る二人。

無事に食事を終えることが出来るのでしょうか?

 

第50話 ヤマノケハイⅢ

食事をしていた最中に突如として展望台の周辺が暗くなり、慌てて外へと出ると、森の中から現れた白い生物。

テン・・・ソウ・・・メツ、と。

 

薄気味の悪い声を上げながらに近づく、それを見て、空魚はそれがヤマノケだと見抜きます。

都市伝説にある女性にとりつく怪異。

ある物語では、ドライブに訪れた父と娘がヤマノケに遭遇してしまい、娘が取り憑かれてしまったと、その怪異を思い出します。

 

自分達を見つめて何かを呟きながらに近づくヤマノケに、鳥子と空魚は銃を構え発砲します。

銃声が鳴り、ヤマノケに銃弾が放たれるも手応えはなく、消えてしまうヤマノケ。

どこにいったのと、警戒する鳥子。

 

しかし、ヤマノケは消えたのではなく、空魚の中に入り込んでいたのです。

意識を乗っ取られて、何かを書き換えられてしまう空魚。

はたして空魚はヤマノケから逃げれるのでしょうか?

 

第51話 サンヌキさんとカラテカさんⅠ

とりあえずヤマノケから逃れる事が出来、裏世界での安全なルートを開拓する事に成功した空魚と鳥子は、小桜の自宅へと向かっていました。

そして自宅へと上がると、そこに居たのは以前に関わってしまった人物。

カラテカちゃんこと瀬戸茜理でした。

 

なるべく関わりたくなかった茜理の来訪に戸惑う空魚。

あの気難しい小桜とあっさりと打ち解け、楽しそうにしていた彼女は、一体どうやってここに来たのか・・。

不安を抱く空魚は頭を悩ませます。

 

間章 白昼の客

穏やかな時間を過ごしていた小桜。

そんな静寂を打ち破ったのは、空魚と鳥子の知り合いと名乗る一人の女子大生・茜理でした。

いきなりの来訪に戸惑いながらも、うっかりと自宅に招き入れてしまった小桜は、仕方なくもてなします。

茶葉を用意し、茜理が持ってきた洋館を食べる事になり、奇妙な珍客と過ごすことになる小桜は、この時間を複雑に過ごす事となります。

 

スポンサーリンク

裏世界ピクニック 9巻の感想

今回も危ない橋を渡る事になる二人ということで、鳥子と空魚のピンチが多かった巻でしたね。

冴月・・、彼女は本当に謎が深い存在です。

一体、彼女は何者なのでしょうか?

 

裏世界に大きく関わっているようで、もはや人間とは思えない様な存在になりつつあると、空魚は警戒しています。

そして、鳥子はどうなるのでしょうか?

鳥子自身は冴月に関しては、まるで気づいていない様子。

作中においての鳥子の発言などみれば、近くに居た事すら気づいていないみたいです。

はたして冴月の目的は何か?

今後の展開が気になりますね。

 

さて後半では鳥子が空魚の危機を救うため、ヤマノケに立ち向かう事になるのですが、ヤマノケは怖かったです。

夜中に読んでいたので、本気でこのヤマノケには驚きました。

 

しかし、こんな怖い怪異を相手にしても、空魚を助ける為に必死になる鳥子・・、彼女はすごくイケメンですね。

鳥子は空魚の事を大切に思っているということなのでしょう。

冴月には負けて欲しくはありません。

 

さて、今回の最後はカラテカちゃんこと茜理の再登場となりました。

小桜さんとお茶をするなんて、どれだけにコミュ力が高いのでしょうか?

まあ小桜さんもさすがに怒っていましたが・・。

笑顔ほど怖いモノはないと言うことでしょうね。

 

次巻、鳥子と空魚は一体どんな事件に巻き込まれてしまうのでしょうか?

二人の活躍に期待したいですね・・。

 

 

裏世界ピクニック 9巻は無料試し読みすることができます。
ebookjapanで無料試し読みができるのでぜひ読んでみてください。

裏世界ピクニック 9巻の試し読みはこちら>>  

※気に入ればクーポンでお得に買える!

 

単行本で読みたい方はこちらがお勧め!
↓↓↓
【TSUTAYAコミックレンタル】はこちら>>

 

【関連記事】
裏世界ピクニック 10巻のネタバレ、あらすじと感想!無料試し読み

スポンサーリンク
少年
にほんブログ村 
にほんブログ村 
やまねこの漫画ブログ
error:
タイトルとURLをコピーしました