裏世界ピクニック 7巻のネタバレ、あらすじと感想

少年
スポンサーリンク
スポンサーリンク

裏世界ピクニック 7巻のネタバレ、あらすじと感想を紹介します。

裏世界の砂浜にて時間を忘れて過ごしていた空魚と鳥子は突然、怪異に襲われてしまい、絶体絶命の危機に陥ります。

全身緑の子どもの怪異。

叫ぶ黒いナニカ。

そして海から次から次に沸き出してくる怪異に、暗転する空と空間。

二人は、裏世界から脱出する事が出来るのでしょうか?

 

「裏世界ピクニック」7巻には第36話から第41話、間章が収録されています。

 

裏世界ピクニック 7巻のネタバレ、あらすじ

第36話 果ての浜辺のリゾートナイトⅤ

見るだけで恐怖を煽る怪異の群れに襲われ、追い詰められてしまう空魚と鳥子。

気力を振り絞り手持ちの武器で応戦をするも残弾が少なくなり、押し寄せる怪異に逃げ場のない彼女達は、すぐにこの場から離れなくてはと考えるも、どこにもゲートは見つかりません。

 

そんな時に空魚が偶然に見つけた銀色の光・・、それは八尺様の帽子でした。

はたして二人は元の世界へと戻る事が出来るのでしょうか?

 

スポンサーリンク

第37話 猫の忍者に襲われるⅠ

沖縄での一件を何とか乗り越え、無事に日常へと戻ってきた空魚と鳥子。

久しぶりに大学へと通う空魚は、瀬戸茜理と名乗る一年に相談を持ち掛けられてしまいます・・。

霊感があり、オカルトの専門家と勝手に決めつけられてしまう空魚。

自分を揶揄っているのかと警戒していた最中、そんな彼女から持ち掛けられたのは、深刻な相談でした・・。

 

「猫の忍者に襲われている」と・・・

 

ネットで有名な怪談として挙げられ散る猫の忍者を話題に持ち上げ、自分を揶揄っているのだろうとあしらう空魚。

しかし茜理は真面目に助けてほしいと訴えてきます。

 

ふざけている様子の無い真剣な声音に眼差し。

そして何かに警戒する様に気を張っている彼女。

本当に猫の忍者に襲われているのでしょうか?

 

第38話 猫の忍者に襲われるⅡ

小桜の自宅にて、大学で持ち掛けられた相談を話した空魚・・。

当然に小桜はキマっているなと受け流し、鳥子に至っては興味津々と、相変わらずな反応を示してきます。

空魚も引っかかる事はありました。

もしこれが裏世界関連の事だったら、と。

猫の忍者は裏世界の怪異ではないかと、茜理はその怪異に巻き込まれているのではと考える空魚。

 

そんな時に小桜の自宅に配送業者がある物を届けに訪れます。

たばこ管理作業者AP-1と、奇妙な作業車が配送され、いつ購入したのかと想い出し、酔った勢いで買ってしまった事を想い出す空魚と鳥子。

小桜にみっちりち絞られる事となってしまいます。

 

第39話 猫の忍者に襲われるⅢ

たばこ管理作業車を裏世界へと持っていく為に、ゲートを見つけて来いと怒られ、仕方なくに街を散策する事になった空魚と鳥子。

そんな中で刺さる様な猫の視線を感じてました・・。

 

茜理から相談を持ち掛けられたあの日から、猫の集団に見張られていた空魚と鳥子。

茜理の相談は嘘などではなく、本当の事なのかもしれないと空魚に言うも、彼女は今回の事に少し乗り気ではありませんでした。

 

そんな空魚を心配する鳥子は、なんで今回はそんなに嫌がってるのかと訊ねます。

その問いに、空魚は渋々と答えます。

猫が関わる怪談が苦手だ、と。

猫は好きだから苦手になりたくないと告げる空魚。

 

もし裏世界の怪異ならば撃たなければいけない事態になってしまい、猫が可愛いから撃ちたくないと言う空魚の言葉に、ポカンとする鳥子。

しかしどこかほっとしながら、いざとなれば自分が引き金を引くと言い、茜理に電話する様に進めてきます。

心のどこかでほっておけない彼女の事を心配していた空魚は、手渡されたメモに記された電話番号に連絡を取ります・・

 

第40話 猫の忍者に襲われるⅣ

茜理と合流し、事の次第を喫茶店で訊ねていた最中、店内に猫の忍者が現れます。

こんな真昼間に堂々と現れるのかと、黒装束にマントを羽織った猫の二匹。

手には刀やアフリカ投げナイフを携え、こちらを狙っていました。

 

店内にいた客の姿はいつのまにか無く、鳥子と茜理と空魚を入れて三人のみ。

いつの間に裏世界に入り込んでしまったのかと、慌てる間もなくに襲われてしまう空魚。

刺されそうな瞬間を茜理に救われ、すぐにこの場を離れようとする三人。

鳥子は反撃をしようと拳銃を取り出そうとするも、茜理に見つかってしまえば大変だと、鳥子を抑える空魚。

 

裏口を見つけるも、猫以外の立ち入りはご遠慮ください、とプレートが掲げられていました。

しかし今はそんな注意書きに従っている余裕などは無く、裏口から逃げ出す三人。

しかし外へと出てみれば、そこは先程の街並みではなく、猫の街が広がっていたのです。

 

第41話 猫の忍者に襲われるⅤ

猫の街へと逃げ込むも、猫の忍者の追撃は止まず、ついには拳銃を取り出し、応戦をするも、なんで猫の忍者達は茜理を追いかけて来るのかと疑問を持つ空魚。

何かを探しているのかと考え、右目の力を使い、茜理の中に銀色に光り輝く何かを見つけ、鳥子の左手で取り出してみると、それは猫の形をした人形でした。

 

それを見た茜理は、ずっと前に無くしたお守りだと告げます。

襲い掛かる猫忍者がそのお守りを見て反応し、動きを停めてきます。

これに引き寄せられたのだと知った空魚は、小桜に換金してもらえるかもと、淡い期待を捨て、猫の街の中へと放り投げてしまいます。

それを追いかけていく猫の忍者達。

 

窮地を脱し一息をつくも、三人を見下ろす猫の集団に何時しか取り囲まれていました。

そしてなだれ込む猫の波に飲み込まれてしまう空魚達。

無事に生還する事が出来るのでしょうか?

 

間 章 狸は夜の番人

裏世界に半ば強制的に引き込まれて以来、少し寝る事に不安になっていた小桜。

安眠できる様にと購入した狸の置物であるポンポコをお守りに、一人夜を過ごしていた彼女。

 

あの異世界の三人のおばさんの来襲は狸が化かしたのだと信じたく、ポンポコを心のよりどころにしていた小桜は、眠れぬ夜をどう過ごしていくのでしょうか?

 

裏世界ピクニック 7巻の感想

驚愕の裏世界リゾートから逃げ延びて、無事に元の世界へと戻った空魚と鳥子。

でも騒動の種は尽きずに、今度は猫忍者と、今回はファンシーな内容で進むかと思いきや、怖くとも何故か和んでしまいそうな展開となる第7巻。

 

猫忍者の登場、新キャラのカラテ少女の茜理と、カラテとニンジャ・・、なんだかニンジャなスレイヤーみたいな雰囲気になりそうな展開でしたね・・。

沖縄旅行から戻ってきた矢先に、またもや裏世界の事件に巻き込まれてしまう空魚さん。

しかも今回は猫忍者と対応に困ってしまう怪異に襲われる事となります。

まあ確かに猫が集まってくれば非常に何か怖い雰囲気がありますよね。

 

後ろに何か気配を感じて振り向けは、そこに猫がいたと、猫好きには堪らない展開かもしれませんが、猫の忍者の戦闘力は凄まじいです。

まさか刀や投げナイフを使うなんてと、裏世界の猫も侮れませんね。

猫の街と猫に忍者と、猫尽くしですが、今後の裏世界に登場してくるのでしょうか?

それにしても空魚さん・・、猫好きだったとはと、彼女の意外な一面を知ってしまいました。

 

猫系の都市伝説が苦手と、確かに猫の怪談ネタは定番ですからね。

そんな空魚を気遣う鳥子さんの猫真似と今回は非常にツボな展開が多い内容でした。

茜理のキャラも非常に良く、後輩キャラとして今後も登場して欲しいですね。

 

裏世界ピクニック 7巻は無料試し読みすることができます。
ebookjapanで無料試し読みができるのでぜひ読んでみてください。

裏世界ピクニック 7巻の試し読みはこちら>> 

 

【関連記事】
裏世界ピクニック 8巻のネタバレ、あらすじと感想!無料で読む方法

スポンサーリンク
少年
スポンサーリンク
にほんブログ村 
にほんブログ村 
やまねこの漫画ブログ
タイトルとURLをコピーしました