【妻、小学生になる】1巻のネタバレと感想!奇跡の再会と苦悩も?

一般

【妻、小学生になる】1巻のネタバレと感想を紹介します。

この漫画は、亡くなった妻が小学生に生まれ変わり、夫と娘に再会して繰り広げる物語です。
ありふれた日常生活の中に喜びや幸せを改めて気づかせてくれます。

そんな【妻、小学生になる】1巻の魅力をお伝えします。

【妻、小学生になる】1巻のネタバレ

ある日の夕方、いつものように新島圭介は娘の新島麻衣とコンビニ弁当の夕食を黙々と食べています。

圭介の最愛の妻・貴恵は10年前に交通事故で亡くなり、ショックから立ち直れずに失意の日々が続いていたのでした。

 

 

そこへ「ピンポーン」とドアのチャイムが鳴ります。

目の前には小学生の女の子が立っています。

 

女の子は、自分の名前は亡くなった圭介の妻の新島貴恵、麻衣の母だと告げます。

何かの間違いではと不審がる圭介に、女の子は圭介がプロポーズした場所や結婚記念日などの証拠を次々に出します。

 

「一体どういうこと?」

首をかしげる圭介に女の子は10年前に事故で死に、その年に他の夫婦に宿った命に輪廻転生して生まれ変わった。

そして、最近になって記憶が戻り、たまたまこの家の近くを通ったら記憶が蘇ってきたとのこと。

圭介も娘の麻衣も本人でしか分からない証拠を次々に出され、目の前の人物が新島貴恵だと信じざるを得ません。

不思議な話ですが、なにかホッとして嬉しくもなる圭介と麻衣でした。

ところが…
次の瞬間、貴恵からカミナリが落ちます。

 

夕食は彩のある食卓にするという家の約束があるのにコンビニ弁当をお皿に移し替えずに食べており、約束が守られていない。

 

 

麻衣も花の20代なのに家に閉じこもり、日々を過ごしておりもったいない、自分をもっと大切にしなさいということです。

するどい指摘に「本当にお母さんが戻ってきた!」と圭介と麻衣からは笑みがこぼれます。

 

 

妻、小学生になる 1巻は、試し読みすることができます。
ebookjapan  で試し読みができるのでぜひ読んでみてください。

クリック

妻、小学生になる 1巻の試し読みはこちらから▼

 

一方、貴恵にはこれまでの白石 万理華としての生活があります。
白石家の小学校4年生の娘として、新島家の圭介の妻、麻衣の母という2つの人生を生きるのです。

そんな中で登場人物たちのさまざまな物語が続きます。

新島家では、圭介・貴恵(白石 万理華)・麻衣の3人は限られた時間、家や外で楽しい時間を過ごします。

圭介は相変わらず妻・貴恵のことが大好きですが、つい気持ちが高まりすぎてしまうことがあります。

街中でも周りの目を気にせずに見た目が小学生の貴恵についオーバーな愛情表現をしてしまうのです。

そうした行動をとる圭介は、自分の気持ちに素直で素敵な面でもありますが、貴恵(白石 万理華)はヒヤヒヤです。

一方、圭介の会社では圭介に好意を持つ会社の部下の若い女性・守谷 好美がアプローチしてきます。

妻の貴恵(白石 万理華)も小学校の同じクラスの人気者タケルに好意を持たれます。

圭介も貴恵もどう対応するのでしょうか?気になりますね。

また、圭介の娘・麻衣も家に引きこもらないで就職しようという前向きな気持ちになっていきます。

そんなこんなで新島家は貴恵(白石万理華)が現れたことで、笑いのある新たな日常が始まります。

こうして物語は進みますが、気になるのはラストシーンです。

ある日、貴恵(白石万理華)が家に帰ると万理華の母は既に帰っており…。

万理華の母は厳しい表情で万理華を見つめます。

部屋の中は雑然として散らかっており、殺伐とした感じです。
白石家の万理華は必ずしも幸せではないようです。

さて、続きはどうなるのでしょうか。

【妻、小学生になる】1巻の感想

第1巻を読んでの感想ですが、日常生活の些細なことがとてもありがたいことだと改めて思いました。

家族がいて、団らんしたり一緒に食事をとるなどの日常の当たり前のことの大事さに気がつきました。

前半の妻・貴恵が亡くなり、二度と元の生活には戻れないのだという圭介の悲しみの回顧の描写は思わず涙がこぼれてしまいました。

日常の当たり前のことは失われることで初めてその大切さに気がつくことが多いですね。
第1巻を読んで常にそうした気持ちを持たなければいけないと改めて思いました。

 

第1巻では、妻・貴恵が亡くなったことで気持ちの沈んでいた圭介と娘・麻衣が、生まれ変わった小学生の貴恵(白石万理華)に再開して、二人とも前向きに生きることに目覚めていく様子がよく描かれています。

きっと圭介の会社の部下の好美も、そんな生き生きとしてきた圭介を見て、20歳くらいもある年の差も超えて恋心が芽生えていったのでしょう。

でも、圭介の心は貴恵一筋なのですね…

 

第1巻のラストのシーンはショッキングでした。

貴恵(白石万理華)も、圭介と娘・麻衣に再会して限られた時間を楽しく過ごしていましたが、今世では白石家の万理華としての人生がメインです。

自宅に帰ると母親が責めるような厳しい表情で万理華を見つめます。

家の中はものが散らかり、荒れている様子です。
貴恵も白石家の万理華としての生活はかなり、大変そうです。

貴恵(白石万理華)の新島家での「明」の部分と白石家での「暗」の部分の織りなすコントラストが楽しみでもあり、心配でもあります…。

 

妻、小学生になる 1巻は、試し読みすることができます。
ebookjapan で試し読みができるのでぜひ読んでみてください。

クリック

妻、小学生になる 1巻の試し読みはこちらから▼

スポンサーリンク
スポンサーリンク
一般
やまねこの漫画ブログ
タイトルとURLをコピーしました