ワンダーランド 6巻のネタバレ、あらすじと感想

少年
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ワンダーランド 6巻のネタバレ、あらすじと感想を紹介します。

様々な特殊能力を持っている人物の中でも、アリスは「究極兵器」と呼ばれる程の威力を持つ女の子です。

由希子はそんなアリスを助ける為に、仲間と共に政府と戦う。

自衛隊から標的にされているアリスはどうなってしまうのか・・。

全てが幕を閉じる最終巻の6巻となっています。

「ワンダーランド」6巻には、第47話から最終話(第56話)までが収録されています。

 

ワンダーランド 6巻のネタバレ、あらすじ

第47話 死闘

ショウくんは、一人で謎の双子に立ち向かおうとするのですが、双子達からは完全に舐められてしまい、思うようにいかない状態になります。

しかしショウくんを助ける為に現れたのは、巨大なティディベアでした。

それはアリスがティディベアを巨大化させたものであり、双子達に挑もうとしたのですが・・。

第48話 ワンダーの闘い

アリスは双子達に煽られ、闘いの態勢に入ろうとしたのですが、仲間であった外人からそれを阻止されてしまいます。

その理由は、アリスが本気で戦うと他の特殊能力を持っている人よりもかなりの破壊力があり、周りへの影響が大きいからでした。

 

そしてショウくんも、自分達の闘いだからとアリスに言い聞かせるのでしたが・・。

第49話 ショウの力

アリスはショウくんの言葉も届かないぐらいに興奮して自身の身体を膨張と収縮させます。

更に街中がそのせいで異変に包まれてしまって一般人までもが危険な状態にさらされてしまいます。

しかしそこで、場の空気を変えたのは由希子でした。

 

その後、双子はターゲットをショウくんに戻すのですが、その時ショウくんは誰もが驚愕するような事を起こしてしまい・・。

第50話 協力者

巨大な力を使ってしまったショウくんは、双子を倒したものの力尽きてしまいます。

由希子達はその事を知り悲しみに暮れます。

すると、その時ある人がやって来ます。

それは由希子と共に過ごしていた麻宮だったのですが、由希子はそこで麻宮の本当の正体を知る事になります。

第51話 日本震撼

由希子とアリスは、麻宮から鍵を預かり彼女の住むマンションへと行き、そこでニュースを見ながら現在の地上の様子を確認します。

ニュースでは軍用機の墜落事故として取り扱われていました。

ある動画サイトにはアリスが興奮して巨大化していた姿の映像が誰かにより撮影されていた為に、一部の人達の間で「炎上」しています。

スポンサーリンク

第52話 麻宮の力

自衛隊がアリスを探している中で、予想外の事件が発生してしまいます。

その事件を起こしたのは麻宮だったのですが、その事がきっかけとなり自衛隊に麻宮が特殊能力を持っているということがバレてしまいます。

その為、麻宮は由希子に電話を掛けてその場所から逃げるように指示するのですが・・。

第53話 アリス確保!?

麻宮は学生時代にいじめを受けていて、家庭環境もあまり良いとは言えない状態で育ちました。

大人になってからは自分の能力を使い、人助けをしたりして優しい女性になりました。

 

しかし自衛隊に正体がバレてしまい、悲しいことに・・。

 

一方、自衛隊はアリスをだんだんと追い詰めていき、とうとう・・。

第54話 戦争

ニュースの報道では墜落事故から更に北朝鮮からのミサイルが発射されている為に市民の方達は避難してくれとの報道がされていました。

自衛隊は政府に許可を取り、日本を攻撃してくる国との戦争に入る事を決意するのでした。

第55話 決断の時

北朝鮮とロシアからの核ミサイル攻撃にさらされ、自衛隊は確保したアリスを眠りから目覚めさせ、相手の攻撃を止めてもらおうとします。

しかし、ヨシフはアリスの体のことを心配してそれを阻止しようとします。

するとヨシフは銃を向けられることに・・。

 

強引に目覚めさせられたアリスは、ミサイルが日本に向かっていて着弾すると何千万人の人々が死ぬのでミサイルを特殊能力で消してほしいとお願いされます。

しかしアリスは「NO」と言い、協力する事を拒否したのですが・・。

最終話 涙

自衛隊は由希子を人質に捉えて、ミサイルを消さないと「トモダチ」の由希子が死ぬとアリスを脅し、何としても利用しようとします。

しかし由希子に向けられた銃の引き金が引かれた瞬間、アリスは思わず「NO」と叫ぶと。

 

アリスは思わず特殊能力を使ってしまい、世界が一変して・・。

そして、人間も小さくなってしまいます。

 

その後、アリスは由紀子にこれまでの友情に感謝の言葉を伝えます。

そして最後に残っている武器を消さなくてはと、アリスの体はどんどん小さくなっていき、ついには・・。

 

スポンサーリンク

ワンダーランド 6巻の感想

最終巻となる6巻では、これまでの巻に登場してきた人物の意外な姿や悲しい別れが多く含まれていたのが印象的でした。

ワンダーと呼ばれている人達は、特殊能力を持っていることにより過去に辛い経験をしてきた為、普通の人間よりも情が厚く優しい心の持ち主が多いのではと感じました。

その理由は、ワンダーが危険な状況に陥ったらすぐに助けようとする所や、アリスは由希子の事を「トモダチ」と最後まで言葉にしていたからです。

 

ストーリーの終盤では、自衛隊が日本に対してミサイル攻撃をしかける他国との戦いとなり、緊迫した場面が続きます。

自衛隊は由希子を人質にしてアリスの特殊能力を使って攻撃してくるミサイルを消そうとしたシーンがありすが、そこでアリスがハッキリと嫌だと言ったのは分かる気持ちがしました。

自分の特殊能力は戦いには使ってはいけないという想いが強かったのだろうと思います。

 

その後の展開も、アリスらしい行動をとったなと思います。

最後はどのように終わるのかと思っていましたが、少し悲しい終わり方で個人的には予想外でしたが、面白く読み終わる事が出来ました。

 

ワンダーランド 6巻は無料試し読みすることができます。
ebookjapanで無料試し読みができるのでぜひ読んでみてください。

ワンダーランド 6巻の試し読みはこちら>> 

※気に入れば初回【50%OFF】クーポンでお得に買える!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
少年
にほんブログ村 
にほんブログ村 
やまねこの漫画ブログ
タイトルとURLをコピーしました