異種族レビュアーズ 8巻のネタバレ、あらすじと感想!無料試し読み

少年
※このブログでは、プロモーション広告を利用しています。
※このブログでは、プロモーション広告を利用しています。

異種族レビュアーズ 8巻のネタバレ、あらすじと感想を紹介します。

デミアがプロデュースしたお店ならばハズレは無いと、タダ券を貰い、期待を胸にサキュバス店へと向かうスタンク達。

どんなプレイが楽しめるのかと思うも、早速に入店してみると、何かおかしい雰囲気が…。

 

異種族レビュアーズ 8巻には第57話から第63話、及びおまけが収録されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

異種族レビュアーズ 8巻のネタバレ、あらすじ

第57話

デミアから自分がプロデュースしたというNEWサキュバス店の無料招待券10枚を貰う事になったクリム。

スタンクにゼルとカルチャックと共に向かうも、そこは何やらおかしな魔方陣が描かれていた店内でした。

 

忘却の館という、かつて童貞だった頃の記憶に戻らされてしまう場所。

今までの性経験を一時的に忘れてしまい、すっかり未経験な童貞に戻っていた三人。

一人魔法効果を無効化してしまうクリムは、そんな童貞になってしまった三人の反応を楽しんでしまいます。

 

第58話

魔王デスアビスの掲げる市政策「魔導発展の推進」に、真正面から反対するリコレ市長。

耐性リング生産化によるデミア魔法道具店の再開を確約し、デスアビスの支持率は上昇中でした。

清らかな政治を求めるリコレ市長は公序良俗に反した店を再開してはたまるかと、真正面からデスアビスと口論していました。

 

そんな政治劇を裏から見守っていたデミアは、お堅い頭の彼女の失墜を確信し、魔法都市の市政はこれで牛耳られると笑みを浮かべていました。

そして次の計画へと駒を進めるために快楽神経魔導の権威であるアークメイと邂逅するデミア。

法王様の正体を知りたいかと語るアークメイの問いに、デミアは何を思うのでしょうか?

 


いつでもどこでも漫画が読める!!【DMMブックス】

第59話

異常なまでの売り上げを記録していたサキュバス店「性のマリオネット」。

この店では、魔王や勇者に著名人のパペットとエッチな事が出来ると、連日連夜にお客が訪れていました。

しかし、勇者や魔王にそっくりなパペットがあるのはやはり一大事と、事が終わればすぐさまに着替えて変装するパペット達。

 

いつの間にかどんな美女のパペットも作れると評判になったカルチャックから、素材のレシピを求めるリピーターがひっきりなしと訪れていました。

そんな面々の中、マジホ界の重鎮とも言われているガンテ氏とライド嬢が、カルチャックに会いに訪れていたのです。

ある悩みを打ち明けるマジホ界の重鎮達。

それはマジホ界の未来に関わる重大な問題だったのです…。

 

第60話

生活や習慣が異なる異種族間同士において常に問題視される事…、それは食事環境の問題でした。

お食事レビューで有翼人種であるメイドリーはミミズご飯を満点で褒めるも、他の種族からはドン引きされてしまいます。

 

あの美少女のメイドリーがミミズをご飯に入れて食べていたと、レビューを酷評されてしまい怒る彼女。

種族間の食事問題は中々に根が深そうです。

 

第61話

スタンクとゼルに依頼が舞い込みます。

その依頼とは、くノ一の修行に関わる事でした。

強くなる為にと生真面目なくノ一を相手に悩むスタンク。

しかし、色香の修行も含まれていると聞き、喜んで引き受けることにしてしまいます。

 

そんなスタンクだけには任せておけないと、カンチャルにブルーズも、くノ一の修行の手助けを申し出ます。

真面目に、くノ一へと目指す彼女達に、スタンク達は何を教えるのでしょうか?

 

第62話

またもや忘却の館のタダ券を貰ってしまったクリム。

童貞に戻されるのは嫌だとスタンク達は乗り気ではありませんが、今度のコンセプトは女性を抱いた記憶を無くすと言う、餓えた野獣に変えてしまう忘却だったのです。

 

久しぶりにエッチが出来ると、そんな記憶操作に及んだのは、新しい客層を得るためでした。

魔法都市でデスアビスが市長に当選し、新たな魔法道具の開発が進むサキュバス界隈。

はたして今度はどんなお店が出るのでしょうか?

 

第63話

幾つもの依頼を熟してついにランクAになったクリム達。

輸送隊ギルドの護衛に就き、見知らぬ街へと訪れ、早速に向かうのはサキュバス店。

 

露天風呂完備のサキュバス店は、なんとサキュ嬢と混浴が出来る露天風呂だったのです。

男女問わずに仲良く、組んずほぐれつの時間を過ごす中で、クリムを狙う男性が多数。

はたして無事に過ごせるのでしょうか?

 

おまけ

おまけは各キャラの日常会話から始まっていきます。

忘却の館にてサキュ嬢も記憶を消して処女に戻してみればとの意見が出るも、それは危険だと忠告されます。

一日に4,5人も相手にするサキュ嬢が処女に戻ってしまえば、初エッチ興奮と衝撃で身体が持たないと、処女も考えものだと思うサキュ嬢達。

 

神の信徒が天使のクリムに神は常に我々を見守り、そして神の加護は信徒にもたらされているのかと、その問いにクリムは素直に答えます。

守ってはくれてはいるも、いちいち全てを見てはいないとの事。

 

また常に息をして快適に過ごせるのは女神様の奇跡のおかげだと言い、神の加護は信徒問わずにもたらされていると知り、信仰が揺らいでしまう信徒の複雑な顔…。

今日も世界は平和でした。

 


いつでもどこでも漫画が読める!!【DMMブックス】

異種族レビュアーズ 8巻の感想

今回も発想の凄さに感心、感動してしまう出来映えでした。

どんな新しいお店が出来たのかと予想が出来なかった忘却の館。

まさか未経験な初心な頃に戻すとはと、サキュバス界隈の発想はとどまる事を知りませんね。

初心な気持ちに戻ってのサキュ嬢との甘い時間を過ごすとありますが、流石に恥ずかしい気持ちになってしまいますね。

 

そして今回も暗躍していたデミアさん。

もうこの作品の陰の主役とも言っていい程に黒幕をしてくれています。

デスアビス様の市長当選にも協力し、スケベなお店の発展に尽力する彼女。

我が道を行く欲望のままに進むデミアさんは実に良い活躍をしてくれています。

開き直ったスケベな美女は大歓迎ですね。

 

また、マジホと快感などをリアルに作り込んでいくと、職人の魂とこだわりが垣間見える世界ですが、端から見てしまえばおスケベな話ですね。

こだわりの持つ人があの世界を牽引しているのだと、改めて職人の凄さを知り得ました。

 

今回、面白い内容となったくノ一の修行。

最近ではスケベなイメージが定着してしまったくノ一ですが、生真面目に修行する中で、色香に関しも真面目に学ぶ彼女達。

どんな仕事にも真剣に取り組むと、くノ一の未来も明るい気がします。

 

今回も様々な形でエロスがまとまっていた内容でした。

次巻へと続きます…。

 

 

異種族レビュアーズ 8巻は無料試し読みすることができます。
ebookjapanで無料試し読みができるのでぜひ読んでみてください。

異種族レビュアーズ 8巻の試し読みはこちら>>  

※気に入ればクーポンでお得に買える!

 

単行本で読みたい方はこちらがお勧め!
↓↓↓
【TSUTAYAコミックレンタル】はこちら>>

 

【関連記事】
異種族レビュアーズ 9巻のネタバレ、あらすじと感想!無料試し読み

スポンサーリンク
少年
にほんブログ村 
にほんブログ村 
やまねこの漫画ブログ
error:
タイトルとURLをコピーしました