詩歌川百景 2巻のネタバレ、あらすじと感想!無料試し読み

女性
スポンサーリンク
スポンサーリンク

詩歌川百景 2巻のネタバレ、あらすじと感想を紹介します。

吉田秋生先生による「海街diary」のスピンオフ作品である「詩歌川百景」。

舞台は海街・鎌倉から一転し、山形県北部の山あいの小さな温泉町へ。

河鹿沢温泉の老舗旅館「あづまや」で、湯守り見習いとして働く和樹。

異父弟の守と慎ましやかに生活しています。

 

「あずまや」の大女将の孫娘で、同じ旅館で働く二年下の「妙」にからかわれながらも、和樹は、師匠の倉石に教えを受けながら、湯守として勉強の日々が続く…。

「詩歌川百景 」2巻には第5話から第8話が収録されています。

詩歌川百景 2巻のネタバレ、あらすじ

第5話 対岸の桜

春、山桜の頃。

和樹と妙、林田類、森野剛たちは、スナック「サンバ」の宮本初江(はつえ)ママのお店で、「あづまや」の大女将の芸者時代の写真を見せてもらっています。

 

初江ママから、昔の大女将は今とは違ったきゃしゃな体形ゆえに、「鶴千代」という芸名であったこと、美人で気風(きっぷ)がよく、売れっ子だったと聞かされます。

そして、初江ママ自身も「小雪」という名の芸者だったことが明かされます。

 

同席していた初江ママの長男で町議会議員の宮本秋成(あきなり)から、高度経済成長期やバブル期の、この温泉町での出来事について話題が上がります。

そこには、再開発推進派と反対派の軋轢(あつれき)があったことも…。

 

アルバムを眺めるうちに、昔のプライベート写真も出てきます。

そこには、若き日の大女将や夫である雄作(ゆうさく)、初江ママや倉石が写っているのでした。

 

初江ママは、『当然だけどあたしたちにも あんたたちぐらいの頃があったのよ』と…。

 

妙はこの春高校を卒業し、進学はせずに「あづまや」にてフルタイムで働き始めていました。

今、妙の頭の中は、旅館の仕事のことでいっぱいの様です。

 

スナック「サンバ」からの帰り道、剛は妙にショッピングモールに行かないかと誘いますが、あっさりと断られてしまいます。

和樹と類、剛の3人だけになり、ようやく和樹はピンときます。

『剛 おまえ 妙のこと… 好きなのか?』と…。

 

スポンサーリンク

第6話 見えない毒

春、山菜の頃。

近くの山で和樹と、板場で修業中の身である山崎源(やまざきげん)は、倉石から山菜の「うるい」と、それとよく似た毒草「バイケイソウ」の見分け方を教わっています。

 

そこに居合わせていた妙。

倉石から山菜の話題を振られるも、一瞬間があきます。

和樹は妙が、上の空になっていることが珍しいと感じます。

 

―『妙は今朝から なんとなく様子がおかしい』―

 

和樹は思わず妙に話しかけます。

『まーこ姉ちゃんが帰ってくるの』と…。

 

まーこ姉ちゃんとは小川麻揶子(おがわまやこ)のことで、「あづまや」の現社長である小川仙太郎の姉なのでした。

 

妙も和樹も幼い頃から、麻揶子のことを苦手に感じていました。

―『けっこうキャラがキョーレツなのだ』―

そして、麻揶子が「あずまや」に一宿泊客としてやってきますが…。

 

第7話 深呼吸のできる場所

初夏、木々の緑が美しい頃。

河鹿沢温泉では、防火訓練が行われています。

今年から消防団に入った、新人の和樹、剛、類も当然参加しています。

消防団は、森林組合長でもある「ヤッソさん」こと宮本八寿雄(みやもとやすお)が、団長を務めており、団員は林業関係者が中心となって構成されています。

 

この山深い温泉街は、細い路地や階段道が多く消防車は入ってこられず、そのため人力による初期消火は重要で、日頃からの防火訓練は欠かせないのでした。

団員は職業柄みな健脚で、和樹たちは訓練についていくのにやっとの状況です。

 

そんな中、剛は妙への気持ちをどう伝えたらよいか、和樹や類に相談するのでしたが…。

 

第8話 告白

梅雨の頃。

河鹿沢温泉では、古くから伝わる神事「夏越しの祓(なつごしのはらえ)」の茅の輪(ちのわ)作りに忙しい時期です。

「茅の輪」とは茅(かや)で作った大きな輪で、神社の前に据え付けられ、その輪をくぐり無病息災を祈願するものです。

「茅の輪」作りには、神社の氏子衆をはじめ、子供会や青年部、婦人部等、町民総出で準備にあたります。

 

その準備作業の中、類は剛に対して「夏越しの祓」の日に、妙に告白してみてはどうかと提案します…。

 

小雨の降る中、類は完成した「茅の輪」の写真を撮っています。

そこに妙があらわれます。

 

妙は類に問います。

県内一の進学校に通い、その中でもトップの成績だったにも関わらず、大学に進学することなくこの町に残ったことを。

密かに受験勉強までしていたことも。

 

類は答えます。

―『誰かさんが好きだから』

 『少しでも長く誰かさんのそばにいたかったから』―

 

スポンサーリンク

詩歌川百景 2巻の感想

小学校時代からの幼馴染である、和樹、剛、類。

そして夏休みになると東京からこの温泉町へとやってきて、和樹たちと仲よく遊んでいた二つ年下の妙。

しかし、ある年をさかいに妙は姿を現さなくなります。

 

月日は流れ、妙が中学3年生の夏、両親が離婚したことをきっかけに、母親とともにこの町に住むことになります。

 

剛は、その頃から妙を意識し始めます。

類の助言もあり、剛は妙に告白をしますが…。

 

一方の類も、類の妹「莉子」の話によれば、妙に気があると聞かされる和樹。

和樹の中で、もう一緒に過ごした夏休みの様な関係には戻れないと、苦悩が始まります。

自分たちはもう、十分に大人になってしまったということ。

 

和樹は思い切って類に尋ねます。

―『…おまえも妙をすきなんじゃないのか?』―

 

類は三角関係なんか面倒くさいので、降りたと答えます。

しかし、和樹は類の言動に違和感を覚えます。

 

はたして、類が本当に好きな人物は…。

物語は「詩歌川百景  3巻」へと続いていきます。

 

 

詩歌川百景 2巻は無料試し読みすることができます。
ebookjapanで無料試し読みができるのでぜひ読んでみてください。

詩歌川百景 2巻の試し読みはこちら>>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
女性
にほんブログ村 
にほんブログ村 
やまねこの漫画ブログ
タイトルとURLをコピーしました